ささぴーの気まぐれKYOTEIロマンティック

競艇に関する話題を中心にお送りします。SG・G1を始め、気になるレースの話題、道上千夏選手の話題も。

今年ラスト!

LDのブログニュース見たら、
高松のマクドが讃岐うどんに圧されて閉店したそうです。(爆)

・・・ともあれ、今年最後の記事になりました。
今年は10月手前ぐらいまでいろんな場でレースを見ましたが、
今年ほど興奮するような面白いレースを多く見たなという感じがします。
その始まりが総理杯での山口剛選手の優勝レース。
蒲郡の周年記念での矢後剛選手の1号艇で
チルト3度勝負したのも今となってはいい思い出になってます。
賞金王はまさかの2号艇中島孝平選手の優勝。
そして、最後は昨日の児島女子リーグでの川野芽唯選手の優勝。
この他にもいっぱいあるんですけど・・・・。
非常に面白いレースの連続。
絶対的に1号艇、イン逃げ有利でない戦いで印象に残った1年でした。

外向発売・電話投票発売偏重になってきて、
「買う」よりも「見せる」ことを頑張ってもお客さんが来ない。
昔は地区ごとのスター選手がいて盛り上っていましたが、
現在はスター不在なのが本場集客不足の原因とも言われています。
ただ、選手がこういうアツいレースを見せることで、
「またこんなレースが見たい!」とリピートが増えるのではないかと思います。
選手の皆様には酷になるとは思いますが、
是非ともまた見たくなるようなアツいレースを2011年も魅せてほしいです。

2010年「神」レースDVD作ったらいいかもね?


そして、道上千夏選手。
今年は体調不良に悩まされた1年になりました。
おそらく思い通りのレースにはなっていなかったと思います。
結果的に勝率も落ちる形になり、
来年の三国女子王座は選考落ちが決定的になりました。
非常に残念ですが・・・・・・。
でも、今年は今年。来年は来年。
多摩川に向けて再スタート頑張りましょう!



ってことで、今年最後はいつもの通り、
中日スポーツに本日掲載されていた東海4場座談会の要約です。


★今年を振り返って

<浜名湖>
・G1、SG合わせて5本開催と恵まれていた。
・浜松市、新湖西市による運営で新たなるスタート。
・売上は新鋭王座は目標クリアだが、その他は目標未達成。
・11月末時点で前年度比40%増。1日平均2億3400万円。
・本場売上は15%減。専用場外も厳しい結果。
・本場入場者は5%減だが、外向発売所は8.6%増。
・舟券だけ買って本場に入らない人が多いのでそこが来年の課題。

<蒲郡>
・周年記念は他場ナイターとバッティングしたため売上10%減。
・MB記念は目標達成。(目標120億、売上124億)
・全体として1日平均4億1800万円の売上。
・11月に投票システムの集約化。複数場の発売と外向発売所の単独発売が可能。
・正月レースから本場、常滑、浜名湖の発売。
・外向の単独発売も2月以降10日ほど予定。
・東アーケードでの「ガマナツ2010」を開催。
・ただし、ビッグレース開催時に人気イベントを開催すると、
 一般客が多くなり、舟券を買いたいお客さんが入れなくなったのが反省点。
・とくに南明奈のときは大変でした。(原文ママ)

<常滑>
・売上拡大策として準優制の4日開催を入れたところ、
 前年の4日間開催と比べて売上が1日平均3%増。
・全体的には本場売上12%減、入場者数15%減。
・電話投票は1日平均10%売上増。場外発売は18%増。
 (ウィンボとこなめの影響が大。)
・「女性ファンの拡大」をテーマに女性の興味を引きそうなイベントを連発。
・その結果、前年比で女性入場が50%増。
・レース観戦と観光をセットにしたイベントも好評。

<津>
・唯一のビッグレースだった周年記念は売上目標をクリア。
・一般レースでは入場者数4〜5%減、売上対前年比14%減と苦戦。
・7月に電話投票にポイントサービス導入。
・A1級1号艇レース開催で1レースで100万円ほど売上増。
・この結果、電話投票売上は前年比16〜17%増。
・ただ、本場とのトータルは5.2%減。本場売上減がネック。
・女性ファン拡大のイベントを実施しているが、売上には繋がらず。
 (ヨガ教室、骨盤体操教室の開催。)

<競艇界全体>
・全体の売上は4.7%減、利用者は8.5%増。
・1人あたりの購入単価が下がっている。今年は売上9000億を切りそう。
・打開策として面白いレース、迫力のあるレースの提供だが、
 事故やフライングが起こると一転つまらなくなるので細心の注意を。

<ボートピア名古屋>
・売上は前年度比14%減、1人あたりの購買額も10%減と厳しい。


★来年に向けて

<蒲郡>
・4月に周年、7月にオーシャン、12月に地区選開催。
・来年秋には大々的な施設改善に着手。
・外向発売所での発売日数を増やし、320日にしたい。
・東アーケードイベント、入場無料は引き続き行う。

<常滑>
・4月に東海地区初の名人戦を開催。
・これに合わせてレディース席、カップル席、ロイヤル席を新設。
・女性の居場所を増やすことで新たな女性ファンを増やす。
・対岸部の大型映像、確定盤の改修、喫煙室の設置など施設整備にも力を入れる。
・SKE48のイベントが好評だったが、こういった話題性の高いイベントも増やしたい。

<浜名湖>
・来年のビッグレースは周年記念開催1本で非常に厳しい状況。
・これを乗り切るため、魅力ある企画レースを実施したい。
・専用場外発売所を富士小山に。来年度中のオープンを目指す。
・浜松市市制100周年と連動したイベントも行いたい。

<津>
・7月にMB大賞、9月に周年記念開催。
・外向発売所が10月にオープン予定。
・年間350〜360日、朝7時半からナイター終了まで発売予定。
・女性を意識した美容、健康教室の開催、場内の分煙化、女性シートの新設も。




今年も不定期ながら更新都度ご覧になっていただきありがとうございます。
来年も変わらず当ブログを宜しくお願いします。



↓そして、クリックで年越し!
人気ブログランキング

見事106人抜き!川野芽唯選手女子リーグ優勝!

いやーーー、すごいです。
今年最後の児島女子リーグは100期福岡の川野芽唯(めい)選手が優勝。
デビュー3年7ヶ月、通算わずか26勝目。
女子王座選考勝率3.83で一気に優先枠GET!
ここ10年の女子王座出場争いで
ボーダー勝率以下の出場選手はいなかったように思いますが、
一気に3点台の選手が女子王座に出場!
個人的に夢見ていた「一発ツモ!」が実現しました。

しかし、4点台じゃなく、3点台だなんて・・・・
夢みたいなホントみたいな夢じゃないような。(^^;;;;

優勝戦も4カドの池田明美選手の仕掛けで押し出されて、
逃げる永井聖美選手の内をざっくりと切り裂く見事なターン。
今節はモーターが非常に良かったようなので、
実力以上の足が出たような感じがしたんでしょうね。
まだ26勝しかしていない選手とは思えません。(^^;;

その後はゴールまではヒヤヒヤものですね。
リプレイで見ていても。
いつキャビるのか心配で心配で・・・・・。
まあ、3着で走ってた選手があれでしたけど。(激爆)

福岡の女子選手ですが、
昔は寺田千恵選手、佐藤幸子選手、日高逸子選手と
ビックネームが揃っていましたが、
佐藤選手と寺田選手はいろんな理由(爆)で岡山へ。
武藤綾子選手から先の女子選手がいない状況が続いていましたが、
森永愛選手がデビューして、
ちょっと間が開いて、大橋栄里佳選手、藤崎小百合選手とデビューしてから、
そこから先は福岡から続々と女子がデビューしました。

そんな土壌の中で個人的な注目株が竹井奈美選手や川野芽唯選手。
この2人は将来的に伸びる選手だと思っています。
竹井選手は攻める姿勢とターン力が良くて、
川野選手はターン力はもちろん、展開の突き方もいいですね。
ただ、欠点がめちゃくちゃ2人とも多いので、
前半レースでの活躍はあると思ってても、後半はまだ早いなと。
そんな内の1人、川野選手が優出、優勝しちゃうとは。(^^;;

女子王座への切符は「ご褒美」と言ってもいいでしょうね。
女子の勝率上位選手の中の戦いでどんな部分を得るのか。
この時期で大舞台を選手として参加できるのは非常に貴重です。
非常にあっという間の1週間を過ごすことになるでしょう。
大舞台を生で感じ、勝率で王座に行きたい目標が出来る。
それが川野選手にとっては伸びる要素になればいいんですけどね。
そして、他の福岡の女子選手にも刺激にはなるはずです!

とりあえず、おめでとう!
そして、川野選手の栄光と将来に幸あれ!!


↓クリックもよろしくねっと。
人気ブログランキング

賞金王決定戦終了!

えーーーーーーーーーーー
1コースがよぉぉぉぉーーーーーー。(泣)


全国の憲吾ファンの皆様、ご愁傷様でした。
そして、大きく勝負した私にもご愁傷様。(鬼爆)


優勝はその凹んだ右隣をしっかり自分のスタート踏んだ、
福井の中島孝平選手でした。
金ヘルは箱根を越えず、北へ向かって行きました。(爆)
ラッキーかもしれませんが、
自分で信じたスタートを切った結果です。おめでとう!!

しかし、賞金王は本当に難しい。
毎年毎年良く出来たシナリオが書かれます。
去年のシナリオも凄かったんですけど、今年はもっと強烈。
数年前のイン逃げ連発なんかどこへやら。(^^;;
JLCでの「インから大勝負」ってCMがクソに聞こえます。(爆)

もう、これからの賞金王は「メンタル勝負」でしょう。
ペラよりも、モーター出しよりも、直前の「メンタル」。
一番平常心になった選手が勝てるような気がしますね。
こう言っても来年もモーターだなんたら言ってそうな気がしますが。

そして、賞金王シリーズは智也選手がアゲマンV!!
すごいよ!智也さん!!
明日から嫁は大変でしょうね。
児島で優勝すれば夫婦で戸田に行ってらっしゃい!・・・です。(^^;;


↓クリックよろしくです。
人気ブログランキング

住之江賞金王決定戦!

初日に住之江に行ったきり、
今年の賞金王決定戦をノータッチでここまで来ました。

本当は毎日予想をしたかったんですけど・・・・。
仕事が忙しくてなかなかやれなかったです。
楽しみにしていた皆様すみません。

そして、明日の決定戦も仕事です。
おそらく、初めて生でレース見ずに決定戦の日を過ごしそうです。
何とか、仕事をサクっと終わってJLCで見れるように・・・・。

明日の決定戦ですが、1号艇の濱野谷選手から行きます。
分が悪いんですけど、逃げれるでしょう。
3号艇、4号艇辺りが仕掛けると思いますが、
しっかりスタート決めてくるでしょう。
3号艇、4号艇の仕掛けだと5号艇の湯川選手に2着の目が。
ってことで、オッズ次第ですが、1−5を決め打ちしたいです。
あとは3連単で1−5のラインから1点買って、
保険として1−2−5、1−4−5は抑えておきたいなと思います。

シリーズ戦は智也選手から。4から2連単1点で行きます。
どこにするかは・・・・1か5で。
昔のイケメンワンツーで決めて欲しいですね。
いい時代の新鋭最強コンビで今年を締めくくってほしいです。


↓クリックお願いします!
人気ブログランキング

今井美亜選手、水神祭!

世間ではクリスマスキャロルが流れ、

競艇界では賞金王決定戦が始まって、
もちろん、明日からのトライアルの話題で・・・・

・・・・といきたいですが、モーター抽選結果も知らない。(爆)
それよりも、三国で106期新人の福井支部の今井美亜選手が水神祭!
これは非常に嬉しい話題!

ただ、新人の水神祭なら別に大袈裟に紹介する話題ではないですが、
個人的にこの今井選手のレースっぷりを見て、
非常に将来有望だなと思って期待している一人です。

10月末に尼崎のW優勝戦へ道上千夏選手の応援で行ったのですが、
その時に今井美亜選手の走りを初めて見ました。
モーターが良かったせいもあったんですけど、
ターンの足色や舟の向け方が新人離れしてるなと感じました。
ただ、新人ゆえの「荒さ」は多くありますが。

そして、その節の最終日に再び尼崎に行くことになり、
そこで6コースからスタートして捲りをうつ今井選手が。
水神祭来たか!と思ったんですが、
大先輩の谷川里江選手に綺麗に捌かれて2着でゴール。
ゴール後、ピットに戻ってくる今井選手ですが、
ハンドルかカウルを叩いて非常に悔しそうな素振りをしていました。

連に絡んで2着でも悔しがるその素振り。
勝ちたかったと思う気持ちが出ていて非常に印象的でした。

そんな経緯があったから、それから後も注目していました。
で、たまたま三国のレースを昨日見ていて、
今井さんが2着となったレース。
4番手から外マイ外マイで追い上げて2着をもぎ取りました。
1着の選手が人気なかったこともありますが、27万舟の結果。

そして今日は展開を突いての捲り差し。
差しぬけるも合わされて同体で2マーク旋回。
しかし、2周1マークで全速で握り捲って決着。
全速全速の連発!素晴しいレースでした。

久し振りに「将来が楽しみ」な女子選手が見れたような気がします。
この先、どんな方向性になるのかは彼女次第ですが、
レースぷりや勝つ姿勢を加味したら絶対大物になれそうな予感はします。
皆さんも是非注目してあげてください。


で、この今井選手の昨日の27万舟出たレースを見ていたのが・・・

TS3J0183


住之江競艇でした。(爆)

やっぱり、賞金王開催節の1日だけは現場で見たいと思ってて、
知ってる方もたくさんいたので初日に行かせてもらいました。
一応「チーム重成」の構成員ですんで応援してきましたよ。
非常にいいイン逃げでホッとしました。

今日はモーター抽選見て帰りたかったのですが、
仕事があるので早朝に大阪を出て帰ってきました。

TS3J0185


しかし、賞金王の初日で土曜日とはいえお客さんが少なかった。
平日だったら分る気もしますが、ちょっと不安感が・・・・。
ま、でも朝の開門待ちとかしている数はさすが住之江と言う感じですが。
いろんな意味で「ボー・・・」に名称が変わってから、
お客さんが冷め易くなってる分岐点にならないように頑張って欲しいですが。

そのために!
今井ちゃんのような攻撃的な選手がどんどん増えるように!
新人選手には期待したいんですけどね!


↓こちらもクリック!
人気ブログランキング

山崎







  ほ う  〜 〜 〜 〜 (鬼爆)









↓クリックしてちょ
人気ブログランキング

日本レコード&日本レコード

津4日目、
11Rでは馬場貴也選手が、12Rでは吉永則雄選手が
1分42秒6のハイドロ3周のレコードタイムを叩き出しました。


11R 特  選 H1800m 曇り 風 無風  0m波 0cm
--------------------------------------------------------------------
01 3 4262 馬 場 貴 也  65 48 6.55 3 0.07 1.42.6
02 5 3893 汐 崎 正 則  36 17 6.62 5 0.11 1.47.0
03 4 3494 新鶴田 文 広  63 53 6.61 4 0.08 1.48.3
04 2 3887 鎌 田   義  70 36 6.65 2 0.17 1.50.0
05 6 3128 鳥 居 智 恵  64 11 6.74 6 0.10 . .
F 1 3762 豊 田 光 紀  28 33 6.64 1 F0.02 . .


12R ツッキー選抜  H1800m 曇り 風 無風  0m波 0cm
--------------------------------------------------------------------
01 1 4099 吉 永 則 雄  18 50 6.65 1 0.18 1.42.6
02 3 4118 宇佐見   淳  20 40 6.59 3 0.16 1.45.0
03 4 4212 宮 地 孝四朗  45 26 6.63 4 0.19 1.47.3
04 5 3872 岡 田 憲 行  69 51 6.60 5 0.18 1.48.2
05 6 3921 川 村 正 輝  71 14 6.68 6 0.22 . .
06 2 3159 江 口 晃 生  25 27 6.62 2 0.19 . .


2レース連チャンでレコードタイムとは・・・・。

以前のタイムは多摩川での今坂勝広選手の1分42秒7でした。
5年前にペラの規定が変りましたが、
その当時はペラの先端が非常に鋭利で、
刃物のようなペラで水を切り裂き、タイムを叩き出していました。
冬場になれば43秒〜44秒のタイムが続出してましたが。
そんな時でも1分42秒7は特別な記録。

ペラが変わって、重量自体が重くなり、
ペラの先端も分厚くなってきた時には、もう44秒台もムリと言われていたのが、
去年辺りから43秒台も出てきたと思ったら、夢の42秒台が出てきたとは。

5年間のペラの向上というのはどんな感じだったんでしょうか。
おそらく、5年前に作ったペラと今のペラを比較したら、
まったく違ったモノになっているかも知れませんね。

あとは乗艇姿勢や乗り方も変わってきてるのでは。
微妙な体重移動や重心の持ち方とか。
JLCのパンドラBOXだったと思いますが、
ある選手が乗り方を研究していたりとかしていたんで、
そういう努力とかも繋がっているんでしょうかね。

今年の冬はどんなタイムが出てくるのか。
異次元のタイムが出そうな気がしてきましたね。


↓クリックで日本レコード!
人気ブログランキング

チャレカから賞金王へ

今年のチャレンジカップ、
個人的には「無風」決戦と言いたいなと。

上位陣が堅め打ち。
準優終了時点で残る座席は「1つ」。
結局は順当に終わったような「無風」の戦い。
上位陣が強いといえばそれまでですけど、
もっと「チャレンジ」する対象の選手には頑張ってほしかったです。

今年のSG戦線は「やまと世代」が席巻した走り出しでしたが、
その「やまと世代」も最終的には息切れしたか、プレッシャーを感じたか。
混戦がいつの間にか普通のSGになったような。

チャレンジカップはいつの間にかチャレンジしないカップになってるのか。
条件が合えば去年みたいな面白いチャレンジカップになるんでしょうけど、
今年は残念ながらチャレンジカップではなかった。

お願いできるとすれば、チャレンジカップは難水面で!
江戸川チャレンジカップ、お待ちしております。(鬼爆)


賞金王はどうしようかな。
たぶん、買うとは思うけど、アツくはならないと思う。
今、自分の興味は再来月の宮島新鋭王座です♪


↓クリックよろしくです。
人気ブログランキング

師と仰ぐ

最近、聞いた話ですが、
今年SG初優出したばかりの若手新鋭選手に弟子がついたとか。

誰が師匠になろうが関係のない話ですが、
まだキャリアも薄い新鋭選手の弟子になりたいって、
最近ってそんな現状なんでしょうかね。

私は選手でもないので口を挟める立場ではありませんが、
先輩後輩という立場ならば納得のいける範疇ですけど、
若い同士の師弟関係ってどうかなと。
ただの歳の近い仲良しコンビみたいな感じがして嫌気がします。

年の離れた師弟関係なら口うるさいことも言われるでしょうし、
価値観やジェネレーションギャップもあるので、
それを恐れて歳の近い「先輩選手」を師と仰いでいるのでしょうか。

個人的にこれって危険じゃないかなって。
実績有り無し関わらず、経験の積んでる選手から学ぶということは
若手選手の世界を広げることもありますし、
競艇と言う業界の歴史を学んで引き継ぐ意味もありますし。

競艇業界ってこれからどうなるんでしょうかね・・・・・。
ヤサばっかりの世界になるのやら?


クリックお願いします。
人気ブログランキング

王座

お久し振りです。
そして、ステキなコメントを頂きありがとうございます。
ヒマさえあれば書き続けて行きたいと思いますので
是非とも皆さんおヒマさえあればブログのほうご覧になってくださいませ。

ま、最近はツイッターもやってますんで。(爆)

三国女子王座に向けて。
道上千夏選手については後々の斡旋次第でも可能性はありますが、
今のところは出場が厳しいかなとは思っています。
ただ、何があるかわかりませんので最終的な結果待ちですが。
何とか、後々の斡旋でいい結果が出るように祈りたいところです。

で、出場争いがかなり過熱しているのか、
現在行われている津の女子リーグではフライング事故が多発。
守屋美穂選手は節間F2で早くもF休み第1号になりました。
去年のように事故率で出れない選手が多い状態ではないですが、
今後の争い次第では多発することだろうと思います。

フライングは勝負の延長線上なんで仕方はないですが、
多発するのは選手スキルをも疑われるので控えて欲しいところはありますね。

ちなみに、三国女子王座の出場争いのボーダーですが、
ひまひまデータさんによると今日現在は鈴木成美選手の5.08です。
ただし、上位陣でおそらく3人は一身上の都合で欠場すると思いますので、
個人的なボーダーは佐藤幸子選手の4.97です。
(ちなみに、去年の某選手のように奇跡的な復活もありえますんで。)
5点前後でのボーダーの争いですね。

とはいえ、
個人的にいろんなところで散々言ってる事ですが、
優先出場が女子リーグだけってのは、どうなんでしょうかね。
女子リーグOGが優先取れないのは、はっきり言って卑怯です。

で、こういうのはどうでしょうかという提案。

新鋭王座の1週間前くらいに、
女子王座・新鋭王座の出場決定者以外の上位24人でW優勝開催。
事故点で出れない人もOK。(F休みにかかってたらNG)
優勝した選手が両王座に出場できるというもの。
まあ、敗者復活戦みたいなもんですが。
かなり面白い開催になるんじゃないかなと思います。

ってことで、疲れたんで以上。
さようなりー。


↓クリックおねがいしましゅ。
人気ブログランキング
おことわり
2010年4月から「競艇」「KYOTEI」の名称が「BOAT RACE」に改称されましたが、当サイトでは「競艇」「KYOTEI」と引き続き呼ぶことにします。たとえ、関連団体から指摘・圧力を受けようが、お金を積まれようが「競艇」「KYOTEI」の名称は引き続き使いますので宜しくお願いします。個人的には2年後には元通りの名前に戻るものだと思っています。
(2010/05/08 管理人記す)
ツイッターやってます。
カウントダウン
ランキング
訪問者数

    日本時間
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
    TB、コメントについて
    投稿記事の内容に関係のないコメント・トラックバックに関しては管理人判断で削除する場合があります。また、アダルトサイト・出会い系サイト・舟券、車券、馬券有料予想サービス等の紹介と思われるリンク先の記載されたトラックバック・コメントについても削除しています。ご了承ください。 リンク先の閲覧・扱いについては自己判断で対処していただくようにお願いします。請求強要等の諸問題が発生しても、当方は一切責任を負いません。
    記事検索
    携帯で見れます
    QRコード
    過去の恥辱(激爆)
    コメントさ〜ん♪
    BlogScouter
    • ライブドアブログ