ささぴーの気まぐれKYOTEIロマンティック

競艇に関する話題を中心にお送りします。SG・G1を始め、気になるレースの話題、道上千夏選手の話題も。

原田幸哉

もっと面白いレースを

今年最初の記念レース、
尼崎近松賞は原田幸哉選手が優勝しました。

2年前の賞金王決定戦トライアルでフライング。
規定で記念戦線除外、事故点でB1落ち。
約1年一般戦中心を走って、復帰最初の記念で優勝。

先ほど、優勝インタビューをJLCで見ましたけど、
「もっと面白いレースを見せたい」と語っていました。

先日、中日スポーツにて原田選手の手記を見たことがありますが、
一般戦における選手のモチベーションの記念との差を感じたらしいです。
整備にしても何にしても勝ちたいという意欲がない。
特に若手選手の取り組み方に愕然としたそうで。

業界の「底辺」を見たことで何か幸哉の中で芽生えたものがあったのか。
もっと面白いレースを見せたい。
業界を盛り上げるために何かしらアクションを見せてもらえたら。
やってやるぞ!という意欲を感じたりしています。

願うことならば、今年の蒲郡オーシャンで優勝して欲しい。
なんか、今年は勝てそうな気がしています。


↓クリックお願いします★
人気ブログランキング

住之江賞金王決定戦 トライアル3回戦予想

昨日はこのブログのページビューが351アクセス!
携帯からのアクセスが193アクセスで
非常にたくさんの皆さんからこのブログをご覧頂きました。
ありがとうございます。
決定戦最終日の23日にはアクセス数がどれくらいになるのか・・・。
非常に楽しみです。

さて、今日の話題は、
やはりトライアル11Rでの原田幸哉選手のフライングでしょう。
インから勝負に行ったということを考えれば「結果的に」とはなりますが、
大舞台でのフライングはやはり代償が大きすぎます。
今年一番売上の見込みがあるSGですしね・・・・。
また、未消化F休みも残っている原田選手にとっては大打撃。
まずはトライアルでのフライングはSG準優と同じペナルティー。
F休み明け3節のSG、G1はそこから3ヶ月が欠場となります。
SGは来年の丸亀オーシャンカップまで除外。
F休みは5月までですんで、G1は9月まで出場できません。
さらに、2010年後期級別に関しては早くも事故点オーバー確実。
数%の奇跡がなければ来年7月以降はB級となります。
SGも地元の蒲郡MB記念から出場できる形にはなりますが、
MB記念、ダービーはA1級でなければ出場できません。
さらに、G1に関してもA級が基本なので来年は無理・・・・・。
早ければ、チャレンジカップ、賞金王シリーズでしょうけど、
5月から死にもの狂いで優勝しなければ非常に難しい状況。
現実的に考えてSG復帰は2011年戸田総理杯、G1も2011年からです。

たった1本のフライングですが、これだけ地に落とすとは・・・。
先月は地元常滑で久々のSG優勝で「これから」というところでしたが、
一気に振り出しどころかマイナス軸まで戻ってしまいました。
これから先、原田選手がどういった頑張りを見せるのか、
再来年に向けて逆襲のシナリオを作るのか。
ただ、今は今節残り2走と来月の斡旋を無事に走ることだけしかないですね。
30日の蒲郡のイベントは井端選手だけになるんでしょうか・・・。


さあ、話は決定戦の3日目予想です。
最終日の決定戦出場に向けてラストの1戦です!!


11R トライアル3回戦
1 4028田村隆信31徳島53A1 14点 3着条件
2 3783瓜生正義33福岡49A1 13点 2着条件
3 3941池田浩二31愛知51A1 14点 3着条件(1着有)
4 3779原田幸哉34愛知50A1 -1点 
5 3946赤岩善生33愛知50A1 11点 1着条件
6 3388今垣光太40石川50A1 15点 3着条件


12R トライアル3回戦
1 3959坪井康晴32静岡50A1 17点 当確
2 3854吉川元浩37兵庫50A1 11点 1着条件
3 3556田中信一37大阪50A1 12点 2着条件
4 3422服部幸男38静岡50A1 11点 1着条件
5 3415松井 繁40大阪50A1 17点 当確
6 3960菊地孝平31静岡50A1 16点 5着条件


坪井選手、松井選手が並んでトップで、
続いて菊地選手、今垣選手、あとはだんご状態。(^^;;
非常に出入りの激しい着なので下位は混戦しています。
特に11Rは条件が厳しい6選手が並びました。

明日こそは大きい配当が出ることを祈って、今日は穴予想で!!

11Rは赤岩選手、今垣選手の枠の動きを期待します。
進入は156/234で。
赤岩選手の気合いのスリットから内を潰しての先マイで。
今垣選手が差してその間を瓜生選手・池田選手の差しで。
2=3−流、2−5・6−流、3−5・6−流を。

12Rは松井選手が動きますが、12345/6で。
菊地選手を単騎の攻めを期待。一発を狙いたいです。
6−流−流で!!
賞金王決定戦でよくある、トライアル3日目で大外から一発を決めて、
翌日の決定戦は1号艇から華麗に逃げるというドラマを菊地選手に託したいです!

もう、本命を狙っても正直同じですんで、
どかんと穴を一発!3日目は狙ってみることにしますよ!


シリーズの準優は・・・

8R 123/456 西島のカド捲り 4=5、4=3、4=2

9R 126/345 白井逃げて 126のボックス

10R 3/125/46 井口豪快 1−4、1−6

・・・こんなもんでどうでしょうか。
シリーズの準優は1個だけ大穴が出ることがあるので狙ってみては?
8Rの西島さんの穴目はオススメにしておきます。


さて、今日のあたいは仕事でしたんで、
お昼休みにちょちょいのちょいっと携帯で投票しておきました。
結果は幸哉のフライング返還分だけ返ってきました・・・・・・。
あーー残念。
でも、家に帰って蒲郡オール女子の12R、万舟券を見事に的中〜♪
展示良さそうだった平山智加選手から、
今日は5号艇がよく絡んでいたので向井美鈴選手を。
見事に的中ラインでしたが、
3着は谷川里江選手、日高逸子選手からしか買ってない!
そんで、谷川選手と永井聖美選手の3着争い!!
ヒヤヒヤしながら見てましたが、谷川さんよくやりました!!
平山からは初めての万舟券です。
2連単の高配当とかは取ったことがありますが、本当にお世話になりました。

でも、今日はごめんね〜。まさみニャン♪
競っているときに、●●!とか●●●!とか、
●●の●●●!●●●に●●●●が●●●●●●●!とか・・・・
大阪の髭大将から血祭りにあうようなこと言っちゃった♪
ごめんニャ♪ごめんニャ〜♪♪♪♪

さあ、これで賞金王の資金が出ました!
今日の平山の恩恵を菊池くんが大きくしてくれるはず!
がんばれ!菊地!

常滑競艇王チャレンジカップ最終日レポ

常滑チャレンジカップは最終日。
朝から曇天の中、9時の開門を待つお客さんがつめかけていました。
でも、開門待ちのお客さんは4年前と比べたら少なかったかも。
うーーーん、やっぱりチャレンジカップだからですかねぇ〜。

開門してから後は優勝戦出場インタビューのイベントなど見ておりました。

P1040058


さすがに、優勝戦に地元3選手が出ると声援が違いますね。
一番大きかったのはこの3人。
あとは田村がかなり声援がありました。穴党の悲鳴でしょうか。(爆)

その後は2階の一般席で最終レースまで観戦しておりました。
がっつり昼飯とか食べてなかったんですが、
スタンドとスタンドの間にある「ハンバーガーショップ」の
フィッシュバーガーが異常に美味しかったです。
3個も食べちゃった。今後はどて丼以上に病みつきになるな。(爆)

最終日のレースは午前中は1R&2Rと穴配当。
その後は逃げが5連発と予想通りの展開。
しかし、9R〜11Rは差し艇が目立ちました。
この3レースについては今節を象徴するかのような決着でしたね。

そして、曇天で余計夕闇で薄暗くなってきた優勝戦。
スタート展示は123/456と順当に枠なりでしたけども、
やはり、イン屋の2号艇大嶋一也選手が動いてきました。

P1040077


隙を見てのインコース取り。これは意外。
1号艇の原田幸哉選手は取る素振りをするもインはあきらめることに。
(この時、転蛇をしたことで待機行動違反を取られてます。)
原田選手が2コース、

P1040085


3コースには足の評価で若干人気になっていた徳増選手。
カドを引いて4号艇、5号艇、6号艇とダッシュスタート。
地元の池田浩二選手がカドになりました。
P1040094


結果、優勝したのは1周1マークで2コースから差し、
そして、2マークで再度差して決着をした原田幸哉選手でした。

P1040142


地元のSGでは先行するも逆転で涙をのむことが多々ありましたが、
今回は冷静に立ち回って優勝を勝ち取ることが出来ました。
愛知支部の選手が地元で優勝できたのは
92年蒲郡総理大臣杯での鈴木幸夫選手以来となります。

2着は一旦先行しかけましたが、池田浩二選手が堅守。
しかし、今節の逆転劇を物語る3着争いは激しかったです。

P1040105


SG初優出の石橋道友選手が3番手で好走しますが、
昨日の準優逆転劇を演じた田村隆信選手が追い込みます。

P1040114


石橋選手が振り切り、田村選手が粘り強く追い込み、
決着がついたのは3周2マーク。
田村選手が僅差で抜き返して3着となりました。
このあたりはSG初優出と何度も場を踏んだ選手の差が出ましたね。
石橋選手にとってはいい経験が出来たはずでしょう。
これを悔しいと感じて発奮材料にすれば
近いうちにまたSG優出も夢ではないと思います。

しかし、原田幸哉選手天晴れです。
優勝者表彰にはご覧の通りの混雑ぶり。

P1040116


ただでさえ狭いマーメイドホールにたくさんのお客さんが集りました。

そんな中で地元でのSG優勝は格別な味でしょうね。
お客さんもかなりハイテンションに幸哉選手を祝福していました。
僕も競艇始めて10年で初めて地元選手の優勝を見ることが出来ました。

P1040158


今までは植木さん、植木さん、植木さん・・・・。
蒲郡では今垣、今垣・・・・・。(爆)
本当にいい経験をさせてもらいました。
今後も何度もそういう場面が見れるように愛知支部の選手には頑張ってほしいものです。

原田幸哉選手、優勝おめでとうございました!

P1040168



さて、今日の舟券は優勝戦前まではハズレまくり。
優勝戦は大嶋選手の動きがそんなに良くなかったので、
1−4−流、1−5−流、1−流−5で。
本線は1−4−流にして、1−4−2と1−4−5を厚めに。
あとは大村マンセーで5−流−流も。(爆)
昨日、書いた2=1−4はネット投票で購入しました。
しかも、1点1万円で。
2−1−4だと50万円コースと言うことに・・・。
正直、大嶋選手がインとった時にはドキドキもんでした。
頭の中では「ご、ごじゅーまーーーん♪」って。(爆)
ま、結局、本線での的中。
ただ、石橋選手が3着のほうが希望だったんですけど・・・。
ま、それでも取れたんで満足しています。
ちなみに、ネット投票の口座は最大88000円ありましたが、
チャレンジの結果、2000円になりました。(泣)
ま、明日から改めて稼いで行きますよ♪(強気)


節間、何回か書きましたが、
ここ数年の間では非常に内容の濃かったSGの節間だったと思います。
進入的にも動きがあり、イン絶対という前評判も
差しが目立ったことでバリエーションに富んでましたし。
直近の福岡G1で好タイム連発していた勢いが
常滑へそのまま持ち込まれたような状態が良かったかなと思います。
おそらく、選手持ちのプロペラの向上も要因では。
そうなると、今後の記念戦線で様々な決まり手や
見せるレースでお客さんを楽しませてくれると期待はしています。
売上は112億と低迷しましたが、レース内容的には成功です。
売上が少ないのはボーナス前なので仕方ないことにしましょう。
次の賞金王はどんなレースが待っているのかは楽しみなところ。
期待はしてみたいです。


さて、常滑はチャレンジカップが終わって3日からは新シリーズ。
モーターも減音モーターに切り替わって新たな出発となります。
そして、12月5日には引退される野中和夫選手が来場して、
トークショーとラストランが行われます。
来週も常滑に行きたいなとは思ってます。
そして、今節は大行列でドテ丼が食べられなかったので
次節にゆっくりドテ丼を食べることにします。(爆)


最後になりましたが、今節観戦等でお世話になった皆様、
本当にいろいろとありがとうございました!
近いうちに常滑&蒲郡でまたSGが見れますように・・・・。
おことわり
2010年4月から「競艇」「KYOTEI」の名称が「BOAT RACE」に改称されましたが、当サイトでは「競艇」「KYOTEI」と引き続き呼ぶことにします。たとえ、関連団体から指摘・圧力を受けようが、お金を積まれようが「競艇」「KYOTEI」の名称は引き続き使いますので宜しくお願いします。個人的には2年後には元通りの名前に戻るものだと思っています。
(2010/05/08 管理人記す)
ツイッターやってます。
カウントダウン
ランキング
訪問者数

    日本時間
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
    TB、コメントについて
    投稿記事の内容に関係のないコメント・トラックバックに関しては管理人判断で削除する場合があります。また、アダルトサイト・出会い系サイト・舟券、車券、馬券有料予想サービス等の紹介と思われるリンク先の記載されたトラックバック・コメントについても削除しています。ご了承ください。 リンク先の閲覧・扱いについては自己判断で対処していただくようにお願いします。請求強要等の諸問題が発生しても、当方は一切責任を負いません。
    記事検索
    携帯で見れます
    QRコード
    過去の恥辱(激爆)
    コメントさ〜ん♪
    BlogScouter
    • ライブドアブログ