ささぴーの気まぐれKYOTEIロマンティック

競艇に関する話題を中心にお送りします。SG・G1を始め、気になるレースの話題、道上千夏選手の話題も。

岡崎恭裕

もう、遠い夢じゃない

ポンジュース味のコロンがおいしいにゃ〜〜。


岡崎恭裕選手、衝撃の笹川賞制覇から一夜明けて・・・
ダービーの結果に劣らず「SG初制覇」の文字が
スポーツ新聞の紙面に踊っていました。

そんな中、丸亀新鋭リーグの最終日。
優勝したのは岡崎選手の同期、古賀繁輝選手でした。
インから見事の勝利。来年の宮島新鋭王座の切符を手に入れました。

その優勝インタビューでのコメント、笹川賞の話題になって、
「嬉しい気持ち半面、あと半分は悔しさでいっぱいでしたね。」
同期一番乗りのSG制覇。
しかし、そこには追い越されて追いつかない場所まで行った同期。
新鋭王座の準優で2度もフライングを犯してしまい、
そのせいもあってか、まだSGにも出場出来ていません。

でも、古賀選手はがんばれば岡崎選手に追いつける選手だと思います。
アツくなりがちなインからのスタートも落ち着いて切りましたし、
このレースで「オトナになった」古賀選手を見れたような気がします。
その調子で行けば目指す桐生ダービーにも乗れそうですし、
SGで活躍する日も遠くないと思います。

若手選手が不甲斐ない・・・と思っている昨今ですが、
トップクラスの若手が総理杯、笹川賞で勝った事によって、
さらに彼ら、彼女たちに「貪欲」さが生まれるのではないでしょうか。
魚谷香織選手のブログも見ましたが、
自分のレベル、弱さを確認できたことで更なる飛躍を期待したいです。

ベテラン、中堅、若手。
更なる高みを目指してハイレベルな争いになる。
2010年の記念・SG戦線はお客さんから見ても面白い年になりそう。
そんなアツいレースが続々と生まれることを期待しつつ、
もっともっと競艇に面白さを求めていこうと思っています。

浜名湖笹川賞大団円

いっぱい儲けてもらったんで・・・・ということもありますが、
今節の笹川賞は非常に楽しい1節となりました。
特に準優、優勝戦は波乱気味だった予選道中のような戦い。
まさに何が起こるかわからない。
ライブ感を非常に味わえるスリリングな戦いでした。
今、記念戦線はアツいです。

そんな中、優勝は岡崎恭裕選手!

P1040737


インから定石の逃げを打った池田浩二選手の内に
1マーク狭いところを差してバック伸ばしてきた岡崎選手。
絶対に引かない戦い。(逆に池田選手は締めるのをやめましたが)
好機!2マークで捌いて先行した岡崎選手に軍配でした。

6号艇の頭はないだろう。
ほとんどのお客さんはそう見ていたレースでしたんで
水面際は動揺を隠せない・・・・そんな感じを取れましたね。
まさにサプライズ連続の笹川賞!

山口剛選手が優勝した平和島の総理大臣杯も
何が起こるかわからないレースの連続、連続。
1号艇を握った人間が絶対だという構造が最近崩れつつあります。
スタート展示の有無はありますが、
10年前のあのドキドキ感のある「競艇」が戻りつつあるかなと。
そんな気がします。
確信に変るのはこの後の夏競艇SG3連戦!
売上は下がってますが、面白いレースは提供できてると思いますよ。

P1040733


新鋭世代から久し振りのSG優勝。
そして、優勝戦も「やまと世代」が外枠に3人も。
いよいよこれからこの世代の「反攻」が始まるというフラグでしょうか。
山口剛・岡崎恭裕。
この2人の活躍を見てどんどん若手が貪欲に牙をむいてほしいです。
ただ、いきなりインに入らないように。(爆)

あと、ウィニングランを撮ろうとがんばりましたが、

P1040721


あとの写真はNGでうまく撮れたのはこれ。(^^;;;
でも、めちゃくちゃいい笑顔なので載せます。
最新の一眼レフ・・・・・いるな。(爆)


最後に私の自慢。(爆)
昨日は4万舟!1万舟!と連発で4万円以上のプラス。
今日はめちゃくちゃ負けてましたが、岡崎くんのおかげで♪
トータルプラスで終了できました。
やはり、aikoの魔法はまだ効いてるな。(爆)
おことわり
2010年4月から「競艇」「KYOTEI」の名称が「BOAT RACE」に改称されましたが、当サイトでは「競艇」「KYOTEI」と引き続き呼ぶことにします。たとえ、関連団体から指摘・圧力を受けようが、お金を積まれようが「競艇」「KYOTEI」の名称は引き続き使いますので宜しくお願いします。個人的には2年後には元通りの名前に戻るものだと思っています。
(2010/05/08 管理人記す)
ツイッターやってます。
カウントダウン
ランキング
訪問者数

    日本時間
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
    TB、コメントについて
    投稿記事の内容に関係のないコメント・トラックバックに関しては管理人判断で削除する場合があります。また、アダルトサイト・出会い系サイト・舟券、車券、馬券有料予想サービス等の紹介と思われるリンク先の記載されたトラックバック・コメントについても削除しています。ご了承ください。 リンク先の閲覧・扱いについては自己判断で対処していただくようにお願いします。請求強要等の諸問題が発生しても、当方は一切責任を負いません。
    記事検索
    携帯で見れます
    QRコード
    過去の恥辱(激爆)
    コメントさ〜ん♪
    BlogScouter
    • ライブドアブログ