ささぴーの気まぐれKYOTEIロマンティック

競艇に関する話題を中心にお送りします。SG・G1を始め、気になるレースの話題、道上千夏選手の話題も。

批判

チャレンジカップって、どーよ。

明日からチャレンジカップです。

あーーー前の名称の方が大好きなんですけどね。
「競艇王チャレンジカップ競走」。

まあ、これも、チャレンジするんが競艇王じゃなくて、賞金王ですけど。

このSGの魅力は「一発逆転」。
賞金下位の選手でも優勝さえすれば賞金王決定戦に進める。
じゃあ、ここまでって何だったんだいってところはありますけど、
「下克上」これ其の物という感じで面白い部分はあります。

しかし、今年は優勝賞金が4000万円から2500万円に変更。
ボーダーラインが6000万円と考えると、チャレカ33位までの選手しか見込みはなく、
それ以下の選手は賞金王に進出できる見込みはありません。
これが勝負賭けと言えるんでしょうか。

この業界って無駄なものが多すぎて、無駄を成長させている。
無駄なものはSGの数。チャレンジカップは本当に意味がなくなりました。
無能な会長の下で成長しないこの業界はどこへ進むのか。
名称をカタカナに変えて、国際化の仲間入りをした気分になって、
オリンピックキャンペーンに賛同して、トップスポーツの仲間入りの気分になって、
歯車がズレまくって火花が飛びまくってるんじゃないんすか。

ただ、そんな業界でもまだ舟券を買って、選手を応援しているのは
魅力があるし、選手に希望があるし。
でも、その魅力も削がれたらいつでも離脱できる準備は出来ています。
まだこの業界を良くしようと頑張ってる人がいる限りは応援はしたいですね。
逆にそんな魅力も殺ごうとしているのはトップのお偉いさん方です。
もう、競艇が安定しているって時代は終わってます。
早いこと目を覚ましてくれるように祈るのみですが。

24時間テレビ批判です!

私は24時間テレビが大好きです!
・・・・・20年位前までですけど。(爆)

毎年書いていますが、24時間テレビはあるきっかけから嫌いになりました。
昔は福祉、海外援助など、しっかり軸を据えた「チャリティー」を呼びかける番組でしたが、
ある年から歌を歌って、マラソン走るだけの番組になってからは嫌いに。
ダウンタウンが担当したリニューアル1発目はしっかり見ましたけどね。
(夜中の大喜利は面白かったです。)

ただ、それが毎年毎年、内容も同じになってくると、3年でつまらなくなりました。
そして、大人になってこの番組は何なんだろうなって。
そういえば、募金集めていたんですよね。
募金の呼びかけってやってるんですか?
事前の告知でもたくさんの募金お願いします。と宣伝するより、
やれマラソン、やれチャレンジ、やれ感動のうんたらとか。

この番組の当初は本当に募金を呼びかけて、
地球上で困っている人たちを助けよう、
高齢者社会を迎えるにあたって取り組んで行こうよとか。
輝いてる部分もあるけど、こんな社会もあるんだと、
子供ながらに何かを訴えてるんだと感じてはいましたね。

毎年言ってますが、この番組は日本テレビファン感謝祭です。

でも、地方局では頑張って募金活動に勤しんでいます。
ある日に丸亀でうどん巡りをして、あるうどん屋で食べていた時に、
岡山・高松の地方局の24時間テレビローカルパートを見ました。
しっかりと募金はこうやって役立てているんですよ。
是非とも、募金をお願いしますと、説明をしていました。
地方局はしっかりと頑張ってるんだと思った瞬間です。

ってことで、24時間テレビ全否定はしません。
地方局がんばれ!!
でも、日テレはどーでもいいよ。(爆)



あ、日本財団は支援金ですんでしっかり役立たれています。
競艇で舟券を買って、東日本大震災に被害にあわれた方を支援しましょう!

おことわり
2010年4月から「競艇」「KYOTEI」の名称が「BOAT RACE」に改称されましたが、当サイトでは「競艇」「KYOTEI」と引き続き呼ぶことにします。たとえ、関連団体から指摘・圧力を受けようが、お金を積まれようが「競艇」「KYOTEI」の名称は引き続き使いますので宜しくお願いします。個人的には2年後には元通りの名前に戻るものだと思っています。
(2010/05/08 管理人記す)
ツイッターやってます。
カウントダウン
ランキング
訪問者数

    日本時間
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
    TB、コメントについて
    投稿記事の内容に関係のないコメント・トラックバックに関しては管理人判断で削除する場合があります。また、アダルトサイト・出会い系サイト・舟券、車券、馬券有料予想サービス等の紹介と思われるリンク先の記載されたトラックバック・コメントについても削除しています。ご了承ください。 リンク先の閲覧・扱いについては自己判断で対処していただくようにお願いします。請求強要等の諸問題が発生しても、当方は一切責任を負いません。
    記事検索
    携帯で見れます
    QRコード
    過去の恥辱(激爆)
    コメントさ〜ん♪
    BlogScouter
    • ライブドアブログ