はい、金曜日から昨日までの日記です。

金曜日の朝に新幹線に乗って西へ。
山口の「厚狭」で降りて在来線に乗り換え。
厚狭駅の周辺は何もなくて、「ホンマに田舎に来たな」って感じ。
そこからローカル線に乗って長府駅へ。
下関競艇は駅から降りて正面です。

P1040580


3年半ぶりに来ることができました。
前回、下関に来たことで全国24場制覇した最終の地です。
前回はパッと来てパッと帰った状態でしたが、
今回は3日間もお世話になります。
でも、外観とは違ってガックリな内装は4年前と変りません。(爆)

この日は7Rあたりから最終までレースを見て終了。
小倉に行って、宿に泊まって、立ち飲み屋で飲んで爆睡・・・。


翌日は準優日。
ま、あたいは初日で終わりましたが。(爆)
この日は2マーク付近のさらにすさんだスタンドで観戦。
こんな場所あったのねぇ〜とびっくり。
いつもの女子戦でよく会うメンバーの皆様と見ていました。
お初にお目にかかる人もいました。
やっぱり、女子選手の祭典である女子王座決定戦。
様々な女子選手ファンの方々にお会いできました。

しかし、この日は盛り上ること盛り上ること。
酒を飲みながらレースを見て大叫び。
スタンドの上にJLCの集音マイクがあったので、
その盛り上がりっぷりはレース中限定ですが「抜かれて」います。(爆)
名古屋に帰ってレースリプレイ見て爆笑でした。
舟券も準優11Rのおかげで大儲けできましたし、言うことありません。

この日も小倉で宿泊。

P1040611


6500円で予約できた駅階上のホテル♪
眺めも非常に最高です。
その後、競艇場で会ったメンバーで街へ宴会。
17人も集る大宴会となりました。
競艇場での盛り上がりをそのまま引き継いで非常に楽しかった!
競艇ファンでもあるし、女子選手のファンでもある。
会話を肴に花が咲きましたとさ♪


で、最終日。
この日はお客さんも多くてスタンドもぎっしりでしたが、
ほぼ「巣」状態の2マークスタンドは濃いメンバーで固まってました。
展示されてたサイン入りTシャツや写真パネルの抽選会もあって、
いろいろな水面下の交渉もしながらで何人かがGETしてました。

P1040663


あ・・・・・
ただ、椅子に立てかけていただけですからね!(爆)

・・・とまあ、こんなコトしながらも、
クソ寒い風が吹き荒ぶスタンドの上からレース見ていました。
そして、叫んで、ネット投票して・・・・・。

優勝戦は魚谷選手が好ピット離れでコース取るも、
インから危なげなく逃げ切った寺田千恵選手の優勝でした。
発走前のエンジントラブルにもめげずに頑張りました。

P1040681


P1040694


涙の徳山での優勝から3年。
生まれ故郷の山口県で2度目の女王戴冠となりました。
そう考えると非常に嬉しい優勝ですよねぇ〜。
って感慨深げに見ていましたが、
時間あるし出待ち会場に移動したらファンの人にボコられました。
「道上さん帰ったよ〜」って。恥ずかしい。(爆)

その後、新下関までファンの方に送ってもらい、
福岡空港から飛行機で常滑経由で名古屋に帰ってきました。


話は変って道上千夏選手の総括。
初日にフライングを切ってF2の身での戦い。
3日目に展開が空いて高配当提供のレースを演出しましたが、
その後は機力不足のせいもあって4着5着の連続でした。
天候も暖かい日から雨の日、冬のような寒い日と移り変わって、
調整も難しく、枠番不利もあって苦戦続きでした。
3コース辺りからレースできればいい状態だったとは思いますが、
自分で犯した結果なんで仕方はないと思います。
やはり、F2切ったばかりのレースは難しいですね。

P1040597


次節は多摩川の男女混合戦です。
多摩川は前々節走ったばっかりの水面ですが、
今回はF2だけに前回のようなレースは難しいかも。
でも、何とか1艇身のスタートに入れるように頑張って、
6月中旬までのF休み前最後のレースに挑んでほしいです。


今年の女子王座全体の感想ですが、
初めに、道上さんも含めフライングが非常に多発したというのは残念。
勝負行った結果なんで仕方ないんですけど、
それ以前に事故率やフライングで出場できなかった選手もいるという事実を考えると
もうちょっと慎重にフライング行こうよと思うこともあります。

2つ目に若手選手について。
鎌倉涼選手が優出を果たしたというのは嬉しい出来事で
準優で思いっきり握って回った結果が出たのが良かったですね。
これが他の若手選手にとっての刺激剤になってほしいです。
昨年の王座が終わったころの一時期に
平山智加選手を中心に一大勢力となって席巻して欲しいと思いましたが、
ちょっと最近はその若手の勢いが後退しているのかなと思ってます。
その要因は主力となる若手選手の枠なりでの戦い。
今節も内枠番でも「外から攻めた方が・・・」と思える部分もありました。
もっと外からの戦いを覚えてから内に入ってほしいです。
ま、今になって言うことではありませんが・・・・。

70期台の選手も次々卒業していき、
絶対的な存在の横西選手も近いうちに卒業します。
年長者が主力になるという気分ではなく、
自分たちが主力になるという気持ちで挑んでいってほしいです。
そのきっかけが鎌倉選手の優出であれば本当に嬉しいことです。


あとは昨日のレースライブのゲストに鈴木弓子さん出てたんですね。
非常にお綺麗な方です。(^^)
もっと弓子さんのお話を聞いてみたいものです。


そういえば・・・・
JALがスポンサーのはずでしたが、
表彰式にはJALの関係者もいませんでしたし、
副賞であるJALの航空券も今年はありませんでした。
クィーンカップも贈呈者は下関市の関係者でした。
来年は本格的にJALがいなくなるか、別の会社がスポンサーか。
となると、クィーンカップの上に乗ってる飛行機は・・・・何??