ささぴーの気まぐれKYOTEIロマンティック

競艇に関する話題を中心にお送りします。SG・G1を始め、気になるレースの話題、道上千夏選手の話題も。

濱野谷憲吾

あづい〜〜

マジであづいーーー。

あたすは、とろけるチーズよーーーん。(爆)


ってことで、夏バテはしてませんでしょうか?
ぜひとも噛み応えのあるあるものをガンガン食べて、
この夏を乗り切って欲しいもんです。


濱野谷憲吾選手のブログをたまに見ていますが・・・・。
先日のオーシャン優勝戦についてコメント欲しいとのこと。
中途半端なコース取りをどう思うのか。

あたすもコメント入れておきましたが。(^^;;

で、今日の昼にブログ見たらコメント承認されてて、
100以上のコメントがついていてびっくりしました。
6コースでも良かったとか、仕方ないとかの意見もありましたが、
自分が見た限り「コース取って欲しかった」という意見が多かったような。
やはり、みなさんそう思ってるんだと感じましたね。

優勝戦って6着取っても賞金は高いんですけど、
やはり、勝つことで価値が出るのが優勝。
優勝以外で印象に残ることも稀にありますが、
ただやはり、優勝しないと記録には明確に残りません。
6コースからで勝てれば問題はないですけど、
6コースで勝てる確率が低ければ、勝算の高い内に入らないと。
今回の濱野谷選手はその典型的なかたち。

だから自分でも「中途半端」だってわかってるんですけどね。

個人的には濱野谷選手にも、もう内を取ってでも勝ちたい意識を高めてほしいです。
もう、年齢的にも若手じゃありませんし、
絶頂期よりもターンワークも落ちる時期ですし、
それに、ここSG4節、若手が勝ってる事実を考えると、
もっと勝ちたいという意識をレースで見せて欲しいですね。

ブログでコメントを募って、どういった気持ちの変化に向かうのか。
濱野谷選手の動向に注目はしたいですけどね。


ただ、個人的には中途半端だと思ったら、
人に聞かずに行動に移すほうがクールだと思うんですけど。(^^;;

激闘

平和島総理大臣杯は山口剛選手の優勝!

・・・と簡単に言えない様な凄まじい激闘。
ピットアウトからコース取り、
そして、2周1マークまでの山口選手の突き抜けまで。
さすが、トウキョウベイ平和島と言うくらいの
ドラマティックな展開、ドラマティックな走りでした。

もし、リプレイを見てない方、
結果だけ見ずにリプレイ動画も見てください。
凄まじいハイレベルな戦いです。

でも、濱野谷憲吾選手は残念・・・・・・。
インコース奪った山口剛選手が先マイしてその内を差して、
同体になって1周2マークで先行できたのに。
その内から岡崎選手が来ていたというのは意外だったでしょう。
ホント、マンガのような出来事。
これ、マンガの連載だったら6週分は2周1マークまでで埋まります。(爆)

やっぱ、競艇すげーーよ。競艇面白いと認識してもらえれば幸いです。
地上波でご覧になった方は訳分らないと思いましたが、
面白く見るならレジャーチャンネルに加入を。(爆)
月額1029円で4月からは6チャンネルも見れて、
朝から晩まで素晴しいレースからウザいレースまで見れます。(鬼爆)

ってことで、濱野谷選手が来てれば確変確定だったんですけど、
私的には「ざんねーーーん」な舟券でした。
でも、今日のレースは舟券外してもその分PAYしたと言えるレースでした。

初めて宮島競艇場に行ったとき、
新人選手紹介ということで水面でデモ航走していた子が
新鋭王座も取って、ついにはSGも取ったんですよねぇ〜。
感慨深いです。
若手の選手も山口選手に刺激を受けてどんどん上を目指してください。
特に愛知支部!
こないだやまと卒業した岩瀬にすぐに抜かれるぞ!(鬼爆)

はまのや

d4079182.jpg



つい先日まで大黒埠頭や江ノ島にいてた釣り人が現場復帰です。
おーーー頑張ってますねぇ〜。
ブログ見てるとほんまに普通のアンちゃんだと感じます。
普段はアンちゃん。現場はSGレーサー。
賞金王むけて頑張って下さい。

写真はついさっきやってた津競艇アワー(三重ローカル)です。
おことわり
2010年4月から「競艇」「KYOTEI」の名称が「BOAT RACE」に改称されましたが、当サイトでは「競艇」「KYOTEI」と引き続き呼ぶことにします。たとえ、関連団体から指摘・圧力を受けようが、お金を積まれようが「競艇」「KYOTEI」の名称は引き続き使いますので宜しくお願いします。個人的には2年後には元通りの名前に戻るものだと思っています。
(2010/05/08 管理人記す)
ツイッターやってます。
カウントダウン
ランキング
訪問者数

    日本時間
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
    TB、コメントについて
    投稿記事の内容に関係のないコメント・トラックバックに関しては管理人判断で削除する場合があります。また、アダルトサイト・出会い系サイト・舟券、車券、馬券有料予想サービス等の紹介と思われるリンク先の記載されたトラックバック・コメントについても削除しています。ご了承ください。 リンク先の閲覧・扱いについては自己判断で対処していただくようにお願いします。請求強要等の諸問題が発生しても、当方は一切責任を負いません。
    記事検索
    携帯で見れます
    QRコード
    過去の恥辱(激爆)
    コメントさ〜ん♪
    BlogScouter
    • ライブドアブログ